« 2010年12月 | トップページ

2011年1月

2011/01/25

HP移転のお知らせ。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
長い間yottan.itを更新してまいりましたがこれを休止し、
新しいホームページnakanoyoshifumi.comに正式に移転致しますのでお知らせ致します。 
お手数ではありますがブックマークの変更を宜しくお願い申し上げます。 
http://nakanoyoshifumi.com 
長い間あ誠に有難う御座いました。
そして今後とも宜しくお願い申し上げます。

中野喜文

2011/01/17

Vilagioアデレードに到着してから約1週間。
明日からツアー・ダウンアンダーが開幕します。
非常にオーガナイズが良い大会で、我々もスムーズに仕事が出来ています。
右上の写真は、私が滞在するホテルの部屋から撮ったもので、全19チームを収容するビラージュが一望出来ます。
ヴィラージュ内はメカニックの作業場、倉庫、洗車場、駐車場、コンプレッサー、冷蔵庫、冷凍庫等が各チームのスペースにあり、更にはコーヒーマシンまでも設置されています。Dentro_vilagio_2
水、その他ソフトドリンク、氷なども必要なだけ その場で常に補充され、またチームカーの洗車や整備もまでもオーガナイザーが担当。
買出しも、全チーム収容のヒルトンホテルの隣のスーパーで全て済み、食事もホテル内の巨大スペースを利用したブッフェ形式で営業時間内であれば何時でも利用可能です。
またレース開場への移動は全て警察の誘導付き。Hilton
といったように、通常ヨーロッパ大陸から離れた遠征は、土地勘もなく不慣れであるが故にトラブルが発生したり、また最小限の人員や機材の遠征で様々な妥協を強いられるものですが、ここではそのようなことが全く起こらない遠征となっています。
私も多くの人から噂には聞いていたように、たしかにツール・ダウンアンダーの環境は素晴らしいです。
ここまで我々がシンプルに仕事が出来る環境なのも、蓄積されたノウハウや現場スタッフの細かな気配りがあるからなのでしょう 。グローバル化が進むサイクルロード界において、見習う点が多く存在する大会なのでしょう。

2011/01/12

ご無沙汰しております。
早いもので、2011年のシーズンもスタート。
今年からプロツアー改め、ワールドツアーとしてスタートしたUCIの最高峰シリーズの開幕戦ツアー・ダウンアンダーに来ております。
場所はアデレードです。
無事に新しい所属先のアスタナとも合流しました。
非常に多国籍な構成、今回の遠征では監督がイタリア人、マッサーはスペイン人と日本人の2名、メカニックはスペイン人、イタリア人の2名とあり、スペイン語とイタリア語が飛び交う仕事環境です。
それでもラテン語同士でそれほど混乱は無く出来ていますが、
ただ、今年はコミュニケーションに関しては、所属する者全てが気を使う必要があります。
ちなみに特定の公用語は存在せず、イタリア、スペイン、フランス、英語の4カ国語でその時々の人選により最適な言語を選択する形です。
今回の遠征ではカザフスタン人選手が多いですが、意外なことにここはカザフスタンのチームでありながら、彼らの存在が目立つことはありません。
ナショナリズムを全面に押し出す雰囲気はチーム内には存在せず、むしろ彼らこそが、あくまでヨーロッパで戦うチームとして、我々に合わせるような雰囲気を感じます。
チームの運営のカザフ人も選手時代にヨーロッパでキャリアを積んだ者が多く、若い自国選手にあえてそのような環境に置かせる配慮もあるようです。

レースは今週の日曜からスタート。
私にとっても開幕レース直前での新チーム合流とあって、まだ各選手の身体の特性を理解しなければならない段階。身体も万全ではない者も多いですが、日曜まで合宿のような形で過せることもあって、各選手を理解する上での時間的な問題はないでしょう。
ということで、2011年もシーズンインです。早いものですね〜

治療院は1月26日から復帰予定です。

2011/01/01

明けましておめでとうございます。
昨年は拠点をイタリアから日本に移し、テカールジャパン併設治療院において新たな活動をスタートさせた年となりました。
また本年よりカザフスタンの政府支援で自国選手の育成を目論むアスタナチームとも活動をしてまいります。
多くの方のお力添えもあり無事に日本での再スタートをきりましたが、大きく環境の変わる本年を迎えるにあたり、更に気を引き締め努力して行かなければならないと思っております。
今後とも一層のお引き立てをお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
平成二十三年 元旦
中野喜文

« 2010年12月 | トップページ