« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/18

Nec_0378昨日の第一回セミナー終了しました。
今回は活動報告ということで、イタリアに渡り13年間どのように日本人が立ち回る必要があったのかという話をさせていただきました。
しかし、話が予定より10分ほどすこし早く終わってしまい、あとで気づいたら幾つか話したかったエピドードを飛ばしていましたね。
第一回で不慣れなこともありましたが、次回はさらに充実させて行いたいと思います。
しかし人前でしゃべるのはいつもですが緊張します。

2010/12/11

1974ジロ・ディ・イタリアの映像です。
冒頭に出てくるのは、フェレッティ監督率いる名門ビアンキチームのエース、ジモンディのマッサージシーン。
ヨーロッパで主流なオイルマッサージですが、25年前も前となると手技も現代と比べてクラシカルな印象を受けます。
イタリアでは1960年代前半まではパウダーでのスポーツマッサージが主流でしたが、1960年後半からオイルに移行したとフェレッティ氏から聞いたことがあります。しかも最初はオリーブオイルだったらしい・・(でもイタリアなら専用ローションよりコストパフォーマンス高いかも)

しかしこの映像は現代のと比較し、観客の盛り上がりや、選手の険しい気迫が伝わってきますね。
まぁ、映像の差というか、これは実際のファンの盛り上がり方が今以上なのと、ヘルメットもサングラスも無い時代なので選手の表情が見えるからなんでしょうね。命がけって感じです。
ヘルメット無しの霧中のダウンヒルのシーンは見ているだけで恐ろしい・・
自転車は歴史があるのでレース以外の裏舞台の現場映像も多く残ってますね。

2010/12/08

ご報告です。
13年間イタリアを拠点を活動してまいりましたが、その活動を終了し、
今後日本を拠点に活動して行く事になりました。
日本の拠点は、株式会社インディバ・ジャパンの協力のもと、
「テカール・ジャパン本部」併設の治療院になります。
詳細についてはこちらをご覧ください。
http://nakanoyoshifumi.com
ヨーロッパの活動も引き続きアスタナにて行い、欧州に年間100日程度の滞在はいたしますが、それ以外の活動はこちらになります。

また同社にて今後セミナー等の活動もしていく予定です。

お申し込みは締め切りました。

たくさんのお申し込みありがとうございます!


早速ではありますが、
第一回セミナーを12月17日に開催致します。
詳細は以下になりますので、是非ご覧になってください。
今回は、ロードファンにも楽しんで頂けるような内容です。是非お気軽にお越しください。

http://www.tecar.jp/pdf/101208_1.pdf

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »