« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/29

ご無沙汰しております。
ジロの期間スケジュールが空き、しばらく日本に滞在していました。
ジロのTVゲスト解説など、普段は体験できないこともさせて頂き、お見苦しい点も多々あったと思いますが、良い経験をする事が出来ました。
現在はイタリアに戻り、気持ちも平常。
既に仕事モードにはいっております。
チームはジロ・デ・イタリアを戦っている最中ですが、我々はもう少し先の目標に目を向けなければなりません。
また大きな目標を達成した直後こそ、様々なことに於いてプロスポーツチームはデリケートな状況陥りるものです。
今は今後の我々の目標に向け、選手へのサポートに全神経を集中しなければならない時期。
私は本日よりパッソ・サンペレグリーノの合宿に合流致します。
これから2ヶ月ほど、忙しくなります。
6月12日~20日 ツール・ド・スイス
6月26日~27日 イタリア選手権
7月3日~25日 ツール・ド・フランス
7月31日 クラシカ・サンセバスチャン

2010/05/03

スイス、ツール・ド・ロマンディから帰ってきました。
私にとってはアルデンヌクラッシックから続いていた遠征でもあり、気力共にハードな遠征となりました。
このレースの位置づけとして、ジロに参加するバッソ、サバティーニ、シュミット、ボドナール、ヴァノッティにとってジロに向け最後の調整レース。
2月からコンディションをコンスタントに維持してきたクロイツィゲルにとって、ロマンディはシーズンの前半戦を締めくくるレース。
そして地元スイス人で注目されるザウグと、全て自由に走ることが許されているサガン。
チーム一丸となって成績を出すというよりは、個々の能力を確認する為の遠征となりました。

しかし今回もサガン選手には十分に驚かされましたね。
成績も出していますが、彼はそれ以上に様々な失敗から多くを学ぶことも大切な段階です。チームもとにかく自由に、そして本人が壁や悩みにぶつかるまでは、好きなように自由に走らせる方針のようです。失うものなど何も無いのだから、とにかくレースを楽しんで、頑張ってもらいたいところですね。彼はカリフォルニアのレースに帯同するようです。

さて私もこのロマンディでシーズンの前半戦を終了します。
今後は日本に一時帰国。5月後半の合宿でチームと合流。その後はツール・ド・フランスのコース下見に帯同、6月にツール・ド・スイス、7月にツール・ド・フランスという予定です。

※シクロワイアードにロマンディの動画インタビュー記事が掲載されました。

ツール・ド・ロマンディ2010第3ステージ ムービーレポート 中野喜文マッサーが語る「若きサガンとリクイガスのロマンディ」
ツール・ド・ロマンディ2010第4ステージ ムービーレポート 雨の降るゴール地点にて スピラックの勝利、そしてサガンの勘違いガッツポーズ


« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »